ソーシャルメディアを活用した就職活動をサポートします!!

@pawakatu

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第1回パワカツ 就活生座談会

始めまして~!ブログ初登場、パワカツメンバーのトディです!

本日は、先月我々が企画した座談会のご報告をさせていただきます。
ちょっと長いですが、最後まで読んでくれたら嬉しいです!!!


日時:2/18(金)PM7:00~PM9:00
場所:旬菜家 わん 秋葉原店
   http://r.gnavi.co.jp/a167701/
≪メンバー≫
パワカツスタッフ:2名
内定者:文系 男性1名
就活生:理系 女性4名
    文系 女性1名
合計 8名

就活生と、ざっくばらんにお酒を交わしながら現状の就職活動についての話をしてきました。就活生からは、普段選考がどのように行われているのか、企業が採用活動をする際にどのような情報を活用しているかなど、今まで就活生が意識していなかったであろう視点から、あえて質問をしてもらいました。やはり最初に話題に出たのが、大手志向についてでした。そもそも、大手企業といったものが何なのかという問いに対して就活生からは、

・一部上場している会社
・資本金の金額によって
・私が知っている会社
・いわゆるメジャーな会社

といった枠組みで大手企業かどうかを判断していました。
つまり、大手企業の定義にはどういう条件が必要なのかあまり知られていませんでした。なぜ、そんなに大手企業ばかりを就活生は志望しているのか聞いてみると、やはり安心感や安定感が上ってきました。また、地方出身で都内の大学に通っている就活生からは、東京で中小企業に就職するなら地元の中小企業に就職してほしいと親から言われるという就活生もいました。このことから、就活生の大手志向については、今や就活生だけの問題ではなく、もっと根深いものになってきているんだなあと実感しました。中小企業にとってはこれまで以上に、地方の学生に内定を出す際には、充分に気を付けなくてはいけないのかもしれません。そういえば、最近、親を対象にした会社説明会を開催している企業もあるので、これもひとつの時代の流れなのかもしれません。

また、今回の参加者の中には大学院に進むことが決まっている学生もいました。ビックリすることに、実は2年後の就活に向けて面接慣れするため、度胸試しで今から面接を受けているらしいのです。就職氷河期と追い込まれている中で、自分達が就職活動をするときに少しでもプラスになろうと思っての行動でしょう。また、就活生に企業がリクナビやマイナビなどに掲載する際、どれだけの金額が掛かっているのか予想してもらったところ、結果は30~50万の感覚でした。実際には少なくとも100万は掛かっており、大手企業になると1000万以上掛けているところもあるという話をしたところ、かなり驚いていました。採用する側と、採用される側のギャップがここまで離れているとは、思ってもみませんでした。

話は変わって、ちょっと意外だったことで盛り上がった話しがありました。参加してもらった就活生に女性が多かったということもあり、地図について提案がありました。地図は、企業に訪問の際は、Googleやyahooなどからプリントアウトして持参することが多いと思いますが、それでも道に迷ってしまう就活生が多いということでした。というのは、基本的に地図を見るのが苦手のようです。それでも、駅の出口が何番で曲がるポイントには何があるのかを記載してもらえればわかるということでした。つまり、地図ではなくテキストで貼り付けてもらったほうが、わかりやすいという場合もあるということでした。最近の地図はかなり精度が上がっているが、地図の読めない就活生にはまだまだ対応ができないことがわかりました。

最後に、パワカツの事業内容について学生に率直な意見をもらいました。コンセプトの「自宅で就活が完結できる」ということから、サービス内容・ターゲット企業・ターゲット学生、そしてなぜパワカツプロジェクトが誕生したかなど10分くらいでざっくりと説明させてもらいました。結論からいうと、かなり反応は良かったです。自宅で就活ができるということは、移動する時間や交通費の削減など就活生にとってのメリットが伝わり、好感触でした。ただ、やはり企業側が対応してもらえるのかという不安はあるようです。これは、パワカツの大きな課題でもあります。ただ、今回の座談会を通して我々が考えているコンセプトが、少なくとも学生には響いたということは、企業を説得するひとつの実績とデータになると考えています。地道ではありますが、パワカツのプロジェクトはそういうところからやることで、今後のプロジェクトの土台となると考えています。いいサービスなのに世の中から消えていくサービスは山ほどあると思います。パワカツがそうならないように、しっかりとメディアを通して発信していきたいと思います。

参加していただいた就活生の皆様には本当に感謝しています。今後のパワカツにも是非参加していただきたいと願っています。ありがとうございました。
スポンサーサイト
  1. 2011/03/03(木) 20:44:04|
  2. レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

こんな記事が他にもあります

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。